top of page
  • 執筆者の写真NS Records Japan Staff

元祖 なにわんサルサバンド ”サブロスーラ・デル・ソニード” 20年前の未発表アルバム 7月30日リリース決定!

知る人ぞ知る、なにわが誇る元祖 なにわんサルサバンド”サブロスーラ・デル・ソニード”

20年前に収録された未発表アルバム、7月30日リリース決定!



わずか10年足らずの活動にもかかわらず、日本のラテン音楽シーンに大きな足跡を残した

ハイブリッド・キューバン・サルサバンド “Sabrosura Del Sonido(サブロス―ラ・デル・ソニード)”


日本のラテン音楽シーンを疾風の如く駆け抜けた彼らの未発表の4thアルバム(2003年レコーディング)が20年の時を経て発売される。

ポップスやブラジリアン、ソウルやディスコといった様々な音楽的要素とキューバン・サルサの融合を目指しつつも、決してマニアックにはならず、ポップでスタイリッシュ。

彼らがこのアルバムにかけた熱量が感じられる、そんな作品に仕上がっている。


Pride of Naniwa(the former name for Osaka region), the original “Naniwan” salsa band, Sabrosura Del Sonido will release the never-released album recorded twenty years ago on July 30th!

Sabrosura Del Sonido is the hybrid Cuban salsa band that had left a major mark on the Japanese Latin music scene despite their period of activity being only a little short of 10 years.

After twenty years of waiting, the never-released album of the legendary band that had ran through the Japanese Latin music scene like a gale is finally being published.

Although their aim is to fuse Cuban salsa and musical elements from various genres, including Pop, Brazilian, Soul and Disco, at a high level, their works are never “only for aficionados”, but rather pop and stylish.

The heat of passion they have put into this album can surely be felt by all who listen to it.

In the midst of an almost hectic series of energetic activities, including their participation in the “Fuji Rock Festival 03” just three years after the release of their first album in 2000, and receiving official invitations from the Cuban government's Cultural Affairs Agency two years consecutively in 2004 and 2005 to participate in their festivals, Sabrosura Del Sonido had shocked us with a sudden breakup. However, their sound was succeeded by the band founded in 2009 named “PANDEMIK”, which has continued its activities. This fall, they will release a new album after ten years since their last album, and launch a national tour to celebrate its release.

Expected release date: July 30th, 2023. Includes a total of eleven songs.

Available at various online music stores including El Arrullo, Amazon, etc., as well as CD stores near you. 《2023年7月30日発売|全11曲収録|定価 ¥3,000(税抜)》

オンラインミュージックストア El Arrullo、Amazon 他、各CDショップにて取り扱い


El Arrullo


AMAZON


タワーレコード





1stアルバムをリリースする2000年からわずか3年、“FujiRock Festival‘03”出演、2004年・2005年と続けてキューバ文化庁から正式に招待を受け、フェスティバルに出演するなど、目まぐるしい活躍の中諸事情により解散したサブロスだが、2009年に発足したバンド「PANDEMIK(パンデミック)」が、後継バンドとしてサブロス・サウンドを継承! この秋、10年ぶりにアルバムを引っ提げ、同世代の音楽仲間たちとライブツアーを行う。 これは要チェックだ! (※詳細は後日お知らせいたします)


【東京公演】2023年10月8日(日)原宿・クロコダイル SALSA DE DANCIN’23

     《出演》PANDEMIK / KACHIMBA COMBO / CHAKALA session / DJ electropico

【京都公演】2023年11月25日(土)京都 RAG

     《出演》PANDEMIK / KACHIMBA COMBO / DJ keebo / DANCE: KIKI

【大阪公演】2023年11月26日(日)大阪・梅田 ALWAYS

     《出演》PANDEMIK / KACHIMBA COMBO / DJ MITSUHIRO / DANCE: 踊る人TAMU, KIKI



Comments


bottom of page