top of page
  • 執筆者の写真NS Records Japan Staff

PANDEMIK 1st mini Album "A bailarrrrr! ほな踊ろか!" 6/5 より配信リリース決定!



なにわが誇る "なにわん・サルサグループ、Sabrosura Del Sonido(サブロス―ラ・デル・ソニード)" の後継バンド、グループ名があまりにも流行りすぎた ”PANDEMIK” が、2012年にCDリリースした "ほな踊ろか!A bailarrrrr!"

この春旅立ってしまったリーダー、川辺ぺっぺい氏が愛した作品たちをぜひ沢山の方々に聴いていただきたいとの思いから、来週6月5日より配信が開始される。


とにかく踊れるナンバー勢揃い!キューバのティンバ(TIMBA)と呼ばれるジャンルへのオマージュ曲 Llegó Pandemik ~Cuba Go-Go~ は、この夏~秋に来日する キューバ音楽界の王者 LOS VAN VAN などキューバを代表するグループをリスペクトした、愉快で PANDEMIK らしい楽曲となっている。

ぜひお気に入り、プレイリストに登録してくださいね!


そしてさらなる BIG NEWS!

休眠中だったPANDEMIKの活動をこの秋再開、10月・11月にはライブツアーが決定だ!

こうご期待! <配信先リンク> https://linkco.re/cvh7efmA


----------------------------------------------------

10月8日(日) 東京・原宿クロコダイル

11月25日(土)京都RAG

11月26日(日)大阪Always

----------------------------------------------------

※詳細は後日公開いたします



<アルバム詳細>

[MEMBER] 川辺ぺっぺい Peppei Kawabe : Bass

牧知恵子 Chieko Maki : Piano

とくじろう Tokujiro Hamano : Congas & Chorus

藤田俊亮 Shunsuke Fujita : Vocal

奈奈カンタリーナ Nana Cantarina : Vocal & Güiro

衣笠智英 Tomohide Kinugasa : Drums & Timbales

房原忠弘 Tadahiro Fusahara : Trumpet

前田大輔 Daisuke Maeda : Trombone

武井努 Tsutomu Takei : Tenor Saxophone


Produced by PANDEMIK

Executive Producer: Peppei Kawabe

Recorded,Mixed by Michiko Abe

Recorded at Suginami Koukaidou in Tokyo, at Abex Studio in Tokyo and at Studio Make in Osaka

Mixed at Abex Studio in Tokyo

Mastered by Osamu Igarashi at Studio Orange in Tokyo

Cover design by Nana Cantarina

Special Thanks to: Aya Takemoto,YAMAHA Corporation, Zildjian,

All families and all friends of each member and you


【A bailarrrrr! ほな踊ろか!】(2012年アルバムリリース)


音楽大国キューバのTIMBAティンバと呼ばれる音楽を通じて様々な経験を共有して来たメンバーが、その原点に立ち返るべく書き下ろした1stミニアルバム。

TIMBAの名曲へのオマージュでもあるM1 : Llegó Pandemikやルンバの名曲をディスコにアレンジしたM5 : Yo soy cubanoなどのように、ゴーゴーやディスコなど、ラテン以外の要素も取り入れながら、全体的にはTIMBAのフォーマットを踏襲しつつも、様々な音楽のフィールドで活躍するメンバーで構成された彼ららしい名刺代わりの作品に仕上がっている。

また、本作品のレコーディング、ミックスでエンジニアを務めた阿部道子が手掛けたM6 : Yo soy cubano ~Michiko Re-Mix~ は、サウンドクリエーターとして活躍する彼女の才能を遺憾なく発揮しPandemikの新たな可能性を追求した作品となっている。


A bailarrrrr! Hona Odoroka! (Letʼs Dance!), released in 2012.

The first mini-album created by the members of the band with the aim of reaffirming their “point of origin” after having shared a variety of experiences through the genre of music known as timba from Cuba, the nation with a strong presence in the music scene.

While basically following the standard timba format, the album showcases the diversity of the members' musical talents. Diverse styles of the album include tracks such as Llegó Pandemik (M1), a tribute to a well- known timba classic and Yo soy Cubano (M5), which incorporates non-Latin musical flavors such as the go- go or disco.

Yo soy Cubano ~Michiko Re-Mix~ (M6), created by Michiko Abe, who was also the recording/mixing engineer for the album, is a perfect example of her talent as a popular sound creator and shows the bandʼs pursuit of new potential.


コメント


bottom of page